突発性難聴

2018/05/17

どんな病気?

原因不明(ウイルス感染?血行障害?などの説はありますが)に突然片方の耳が聞こえにくくなる病気です。軽い難聴から、ほとんど何も聞こえない重度の難聴まで、程度は様々です。

ストレスも発症のきっかけの1つと考えられています。

その他、耳鳴りやめまい・吐き気を伴うことがあります。

 

 

治らないことがある!?

突発性難聴になると、なるべく早期に治療を開始したほうがよいです。

3割~4割の方で治療をしても難聴が残ったり、全く治らない可能性があります。

発症時、めまいがあったり難聴の程度がひどい場合も治りが悪いことが多いと考えられています。

また特に発症から1か月も経過すると残念ながら治る可能性は極めて低くなります。

ですから、突然に出てきた難聴の場合は様子をみれそうであっても、なるべく早くにこの突発性難聴ではないのか?!を調べるために少なくとも数日中には診察を受けましょう。

 

 

 

鑑別すべきその他の病気は?

メニエール病や急性低音障害型感音難聴という病気は、原因不明で急に聞こえにくくなったり、めまいが出たりする点でほぼ同じです。ただこちらは繰り返し起こすことがあるという部分で、“基本的に一度しか起こさない”突発性難聴と大きく違う部分です。

その他、聞こえの神経である聴神経の腫瘍が同様の難聴を起こすことがあり経過が思わしくない場合は、その精査のためMRI検査を受けて頂く必要が出てきます。

 

治療法は?

まず、第一に必要になるのはステロイド治療です。

その他、神経の回復を促すため血流を改善する薬、ビタミン剤などを併用します。

その他の治療法

上記の通常の治療で回復してこない場合は、特殊な設備を要する高圧酸素療法や星状神経節ブロックなどの治療をご希望に応じて、紹介いたします。

 

注意点は?

ストレスや疲れも一因と考えられていますのでなるべく体を休めて、しっかり睡眠をとるようにしてください。

また血流を悪くする喫煙も避けた方がいいでしょう。

完治しない場合の後遺症としては、難聴が残ったり、耳鳴りがその後も続く可能性があります。

治療が可能だと考えられている1か月前後の間にしっかり治療を頑張りましょう。

 

 

 


 

 

記事をご覧いただきありがとうございます!

“みんなが笑顔で生活することに貢献する”。を理念に、しまなみ海道の尾道市向島町で耳鼻咽喉科医として頑張っています。

 

その理念を達成するため、丁寧かつお待たせしない診療を目指します。

ここが違う!という部分の一端を紹介します。

 

🌟見える診療で安心、納得

みみ、はな、のどの病気も内視鏡カメラで見て治療ができるようにしています。患者さんの正面にそのための大画面モニターを配置しています。

お子さんの中耳炎も含め、見える化で責任を持って治療にあたります。

 

🌟お待たせしない工夫

診療にしっかり時間を使えるように様々なオペレーションの進化を日々考え、現在も進化中です。

また、web順番予約を使えば、おうちで順番を取り、自分が何番目か、現在何番目まで診察されているか分かるので院内での待ち時間はほとんどありません。

 

🌟病気の知識を深めてもらう工夫

治療効果を最大限に活かすためにも、病気の知識が重要です。

そのため病気によってオリジナルリーフレットをお渡しし、さらに追加説明が必要なものは作成した動画をiPadでご覧頂いたりします。

お子さんの中耳炎、アレルギー性鼻炎、溶連菌などの感染症などでも、親の病気に対する正しい知識が重要です!

 

クリニックについて