外耳炎

2018/05/22

外耳とは?

外耳というのは、耳の穴から鼓膜までの間のことで外耳道ともいわれます。耳垢が耳かきをして掃除をする部分でもありますが、この部分に炎症が起こる病気が外耳炎です。

外耳には”耳あか”がついてきますが、耳あかには抗菌作用など耳を守る働きがあります。また、本来外耳の外側3分の1しかつかないため奥を掃除する必要もありません。

 

どんな病気?

多くは耳掃除をしすぎて外耳を傷つけてしまうことが原因になります。たとえ綿棒でも強くこする、2週間に1回以上掃除をする、奥までするなどの心当たりがあれば可能性があります。

他にも花粉症も含めたアレルギー体質やイヤホンが原因になったり、プールが原因になったりすることもあります。

ひどいと細菌が感染症したり、かびが生えることもあります。

 

症状は?

全部の症状が必ずしも出るわけではありませんが、

  • ●耳の痛み、かゆみ
  • ●耳だれ
  • ●耳の聞こえが悪い、詰まったような感じ
  • ●なんとなく耳周辺もボワーっとする

などの症状があります。症状だけならと急性中耳炎とあまり変わらないこともあるので、要注意です。

 

治療は?

傷つけないよう耳の中を消毒し、患部に炎症を鎮めるお薬を塗ります。場合によってはかゆみを抑える点耳薬や内服薬を、感染も起こしていれば抗菌剤の点耳薬や内服をしてもらいます。

少なくとも治療中は耳の中を触らないことが重要です。

 

その後注意して頂くこと

完治するまでは耳の中は触らないようにしましょう。プールは許可があるまでやめたほうがいいでしょう。

繰り返しやすい病気ですので、触りすぎにはその後も注意してください。

慢性的になると、外耳がだんだん狭くなり手術が必要になることもあります。

 

 

 

 

 


 

 

 

記事をご覧いただきありがとうございます!

“みんなが笑顔で生活することに貢献する”。を理念に、しまなみ海道の尾道市向島町で耳鼻咽喉科医として頑張っています。

 

その理念を達成するため、丁寧かつお待たせしない診療を目指します。

ここが違う!という部分の一端を紹介します。

 

🌟見える診療で安心、納得

みみ、はな、のどの病気も内視鏡カメラで見て治療ができるようにしています。患者さんの正面にそのための大画面モニターを配置しています。

お子さんの中耳炎も含め、見える化で責任を持って治療にあたります。

 

🌟お待たせしない工夫

診療にしっかり時間を使えるように様々なオペレーションの進化を日々考え、現在も進化中です。

また、web順番予約を使えば、おうちで順番を取り、自分が何番目か、現在何番目まで診察されているか分かるので院内での待ち時間はほとんどありません。

 

🌟病気の知識を深めてもらう工夫

治療効果を最大限に活かすためにも、病気の知識が重要です。

そのため病気によってオリジナルリーフレットをお渡しし、さらに追加説明が必要なものは作成した動画をiPadでご覧頂いたりします。

お子さんの中耳炎、アレルギー性鼻炎、溶連菌などの感染症などでも、親の病気に対する正しい知識が重要です!

 

クリニックについて