声帯ポリープ  ~声がかすれる、がらがら声になる

2018/05/30

どんな病気?

声帯ポリープは、声を生む場所である声帯にできる良性の腫瘤(できもの)です。

症状としては主に声の枯れで、のどの引っ掛かり感などがでる場合もあります。

原因としては、喫煙や声の使い過ぎが多く、カゼをひいたときの声帯の炎症がきっかけになることもあります。

声帯に炎症が起こっている状態でさらに無理をして声を出すと炎症で充血している声帯に出血を起こしそれが血豆のようになりポリープ状になるものです。

 

声がかすれる病気としては喉頭がんなどもあり、のどを診るカメラでの鑑別が必要です。

当院のカメラは最新の世界最細レベルのものですので、ほとんど痛みなく検査が可能です。(胃カメラのような食事制限も必要なく、1分もかかりません)

 

治療法は?

内服薬(消炎剤、ステロイド、漢方など)で炎症を抑えたり、声帯への負担をかけないよう発声を控えることやたばこを控えると治ることもありますが、何ヵ月かしても治らないこともあります。

それらの治療で効果がない場合は手術をすることもあります。手術の場合は基本的に全身麻酔での手術になりますので病院へ紹介いたします。

 

 

 


 

 

 

記事をご覧いただきありがとうございます!

“みんなが笑顔で生活することに貢献する”。を理念に、しまなみ海道の尾道市向島町で耳鼻咽喉科医として頑張っています。

 

その理念を達成するため、丁寧かつお待たせしない診療を目指します。

ここが違う!という部分の一端を紹介します。

 

🌟見える診療で安心、納得

みみ、はな、のどの病気も内視鏡カメラで見て治療ができるようにしています。患者さんの正面にそのための大画面モニターを配置しています。

お子さんの中耳炎も含め、見える化で責任を持って治療にあたります。

 

🌟お待たせしない工夫

診療にしっかり時間を使えるように様々なオペレーションの進化を日々考え、現在も進化中です。

また、web順番予約を使えば、おうちで順番を取り、自分が何番目か、現在何番目まで診察されているか分かるので院内での待ち時間はほとんどありません。

 

🌟病気の知識を深めてもらう工夫

治療効果を最大限に活かすためにも、病気の知識が重要です。

そのため病気によってオリジナルリーフレットをお渡しし、さらに追加説明が必要なものは作成した動画をiPadでご覧頂いたりします。

お子さんの中耳炎、アレルギー性鼻炎、溶連菌などの感染症などでも、親の病気に対する正しい知識が重要です!

 

クリニックについて