手足口病・ヘルパンギーナ

2018/06/12

どんな病気?

どちらの病気も主に夏に流行するウイルス感染で、のどに小さい水ぶくれ(水疱)や口内炎のようなぷつぷつがでる病気です。いわゆる夏かぜの一種で、初期症状は非常に似ており区別がつかないことも少なくありません。

大人もかかることがありますが、子供に多い病気です。

 

両者の違いは?

根本的には、ウイルスの種類が違いますがそれを簡単に調べることはできません。(もうひとつの夏かぜであるアデノウイルスではのどを擦り、すぐに結果がでる迅速検査が可能)

症状としては手足口病では文字通り、のどだけではなく手足にも水疱が後から出てくることがあります。

ヘルパンギーナはのどの痛みもよりひどく、高熱が出ることが比較的多いです。

両者の区別は必ずしもつくわけではありません。ただ極端にいえば対処法はほとんど変わらないため区別がつかないといけないわけではありません。

 

治療は?

一般的な“かぜ”と同じく、どちらも特効薬はなく、症状に対してのお薬内服と水分・食事摂取に気を付けながら治癒するのを待つしかありません。(対症療法といいます)

口の中の痛みが強いこともあるので、お子さんの場合は特に柔らかいもの、熱くないもの、塩分控え目なしみにくいものを与えてあげて下さい。

 

出席停止期間は?

解熱し、のどの痛みや水疱がなくなるまでは出席をしないようにします。

 

注意して頂きたいこと

基本的には軽症で治っていきますが、発熱が3日以上続く場合、頭痛・嘔吐・意識がおかしい、水分すら取れないなどの時は他の病気の合併なども考えられますので、早めに受診をして下さい。

 

 

 


 

“みんなが笑顔で生活することに貢献する”。を理念に、しまなみ海道の尾道市向島町で耳鼻咽喉科医として頑張っています。

 

その理念を達成するため、丁寧かつお待たせしない診療を目指します。

ここが違う!という部分の一端を紹介します。

 

🌟見える診療で安心、納得

みみ、はな、のどの病気も内視鏡カメラで見て治療ができるようにしています。患者さんの正面にそのための大画面モニターを配置しています。

お子さんの中耳炎も含め、見える化で責任を持って治療にあたります。

 

🌟お待たせしない工夫

診療にしっかり時間を使えるように様々なオペレーションの進化を日々考え、現在も進化中です。

また、web順番予約を使えば、おうちで順番を取り、自分が何番目か、現在何番目まで診察されているか分かるので院内での待ち時間はほとんどありません。

 

🌟病気の知識を深めてもらう工夫

治療効果を最大限に活かすためにも、病気の知識が重要です。

そのため病気によってオリジナルリーフレットをお渡しし、さらに追加説明が必要なものは作成した動画をiPadでご覧頂いたりします。

お子さんの中耳炎、アレルギー性鼻炎、溶連菌などの感染症などでも、親の病気に対する正しい知識が重要です!

 

クリニックについて