低音好きのためのオススメ音楽!

2018/07/27

院長の小坂です。

 

低音をこよなく愛する、ベーシストでもあり、音楽が好きなので心地よい音を求めてジャンルは問わずいつも良い音楽を探しています。

皆さんに幅広くオススメするには、いくらベースがうなって格好いいからと、メタルやハードロックはやめておきます(メタルも含めてベースが良いと好きですけど)、教育上も問題がないであろう良質な音楽を紹介したいと思いますので安心して下さい(笑)

 

 

運動中はスラップの激しい曲やロックを聴きます、ドライブでも昼と夜とで聴く曲は変わってきます。シーンに合わせて聴きたい曲の気分は全然違います。

 

今回紹介するのは?

休日、コーヒーの香りを楽しみながら聴きたいようなリラックス出来る音楽です。

毎朝、通勤中にはこういったジャンルを聞くことが多いですね。

 

まずはPort of notesのボーカル畠山美由紀さん、大分以前から好きなのですが、実はれいこう堂の信恵さんの企画で向島洋らんセンターに来られてライブをされたこともあります。(さすが!!やはりローカルヒーローです!)

残念ながらそのときは行けなかったのですが。(もったいない!)

 

まずはPort of notesというグループのアルバムMore than paradiseから”ほんの少し”という曲です。(著作権の関係でYOU TUBEなどのリンクは貼ってはいけない?ようなので・・検索してみて下さい)

ボーカルの畠山美由紀さんはソロとしてもアルバムを出されているので、そちらもオススメです。ソロの方がよりナチュラルな曲調のものが多い印象です。

透明感があり、包み込むような柔らかい声が最高に心地よいと思います。

 

 

その畠山美由紀さんのもう一曲、ベースラインのうねりが心地よいです。

畠山美由紀さんのソロアルバムDiving into your mindからアルバム名にもなっているDiving into your mind。ベースの動きあるメロディの良さや時折入るダブルストップの響きもポイントになっています。

 

2曲とも曲や畠山美由紀さんのボーカルの良さもさることながらベースラインも最高にカッコいいですね。

また尾道に来てくれないかなー!

 

それでは今回は以上です!

また良い曲、かっこいいベースの曲を紹介しますね。

 

 


 

 

 

記事をご覧いただきありがとうございます!

“みんなが笑顔で生活することに貢献する”。を理念に、しまなみ海道の尾道市向島町で耳鼻咽喉科医として頑張っています。

 

その理念を達成するため、丁寧かつお待たせしない診療を目指します。

ここが違う!という部分の一端を紹介します。

 

🌟見える診療で安心、納得

みみ、はな、のどの病気も内視鏡カメラで見て治療ができるようにしています。患者さんの正面にそのための大画面モニターを配置しています。

お子さんの中耳炎も含め、見える化で責任を持って治療にあたります。

 

🌟お待たせしない工夫

診療にしっかり時間を使えるように様々なオペレーションの進化を日々考え、現在も進化中です。

また、web順番予約を使えば、おうちで順番を取り、自分が何番目か、現在何番目まで診察されているか分かるので院内での待ち時間はほとんどありません。

 

🌟病気の知識を深めてもらう工夫

治療効果を最大限に活かすためにも、病気の知識が重要です。

そのため病気によってオリジナルリーフレットをお渡しし、さらに追加説明が必要なものは作成した動画をiPadでご覧頂いたりします。

お子さんの中耳炎、アレルギー性鼻炎、溶連菌などの感染症などでも、親の病気に対する正しい知識が重要です!

 

🌟オーダーメイドな治療

同じ病気でも、治療の選択肢は一つではありません。

患者さんの置かれている環境、生活スタイルや希望も含めて治療を考えていきます。